Loading...
西臼杵医療センターについて

 宮崎県北部に位置する高千穂町、日之影町、五ヶ瀬町の3町で構成される西臼杵郡の人口はこの30年余りで約4割減少しており、今後、病院を利用する患者さんも減ることが予測されております。また、西臼杵郡の人口10万人あたりの医師数は全国平均や県平均の半分程度であり、その数も減少傾向にあります。

 このような状況が続くと、今後西臼杵郡では、今の水準の医療を提供していくことが困難になる可能性が出てきます。

 こういった課題に対し、3公立病院の経営をまとめ(経営統合)、役割分担(機能再編)を進めることで、今後の西臼杵における医療提供体制を維持していくことを目的とし、令和6年4月から新体制での3公立病院の運営が開始される予定です。(なお、このホームページでは3公立病院を総称する際に、「西臼杵医療センター」という愛称を使用しています。)

経営統合:

 経営統合することによる共同購入や委託業者統一によってコスト削減策の実施がしやすくなることや、採用活動を共同で行うことによって、病院間における効率的な人員配置が可能となります。

機能再編:

 各町の病院はこれまで以下の機能を有しており、明確な役割分担はありませんでしたが、今回の病床機能の転換により、病院間の役割分担を明確化し、各病院がそれぞれの機能に特化し、機能強化を図っています。